SUBLINEロゴ

セキュリティ

SUBLINEに採用されているセキュリティ対策の一部をご紹介します。

万全のデータ管理体制

amazon web service

SUBLINEに登録されている大切な顧客情報やお客様ご自身のプライベートな情報の管理は Amazon Web Services(AWS)を用いて構築・運用されています。 AWSは、ISO27001認証を取得しているほか、PCIDSSレベル1、FISMAModerateといった各国の業界が認める認定および監査に合格しています

24時間体制でサーバを徹底監視

24H監視

サーバーは24時間体制で監視されており、異常を検知すると担当者に即座に通知、状況に応じ直ちに復旧作業を行います。

通信はSSLで常時暗号化

SSL常時暗号化

SUBLINE の通信は SSL によって暗号化されているため、データ改ざんなどの不正アクセスを防止します。

大事なデータはバックアップで保護

バックアップ 1日1回 30日間保管

電話帳のデータや大切な個人情報は、毎日1回バックアップがとられています。 バックアップは最大30日間保管されているため、万が一の時にもバックアップデータから復旧をさせることができます。 ※バックアップデータからの復元作業は有料対応となります。

PMS,ISMSに沿った運用

プライバシーマーク・情報セキュリティマネジメントシステム(ISO27001)

弊社は、プライバシーマークと情報セキュリティマネジメントシステム(ISO27001)を取得しております。 両セキュリティ基準に沿って個人情報、機密情報の管理、運用を行っております。

とにかく1度試してみてください!!

SUBLINE
お試しキャンペーン
今なら無料で試せます!

top